ハンドスピナーとは?自閉症やADHDへの効果について

ハンドスピナーとは?自閉症やADHDへの効果についてのご紹介です。
ハンドスピナーとは?自閉症やADHDへの効果が期待できるのか気になる方はぜひ読んでみてください。

ハンドスピナーとは?自閉症やADHDへの効果について

海外で社会現象にまでなるほど大ブームとなっている「ハンドスピナー」
最近では自閉症やADHDなどに対して医療の面でも役に立つとも言われています。

そこで今回は「ハンドスピナーの効果」についてまとめてみました。

ハンドスピナーとは?自閉症やADHDへの効果について

そもそもハンドスピナーは1990年代に
フロリダ州のキャサリン・ヘッティンガーという方が
「重症筋無力症」の子供でも遊べるおもちゃはないかと考えて生まれたことが始まりです。

当時は「フィジェット・スピナー」の商品名で特許を取得しましたが、惜しくも特許切れになり、
現在はメーカーが様々なモデルを発売し、人気が出てしまったおもちゃです。

ADHDは「注意欠如多動性障害」と言われており、発達障害の1つです。
ADHDには主に3種類にわかることができて

「多動性」
「衝動性」
「不注意」

この3つのタイプにわけることができます。

Amazonの商品説明欄によれば

「ハンドスピナーは自閉症・ADD・ADHD・発達障害・落ち着きがない方にも効果があります」

などと記載されていることから、
少なからずADHDの方に効果はあるようです。

医学的確証はまだありませんが、
ハンドスピナーはただ見ているだけのおもちゃという特性から
意識が一点に集中しやすくなり、
多動性タイプのADHDに効果があるのでは?という見解があるようですね。

また、精神を安定させる特性があるため
禁煙中のストレス発散にも効果があると言われています。

個人的見解としては、いわゆる「売り文句」のひとつに過ぎないのかなと感じています。
こういった玩具はなんとなく触っていると誰でも集中してしまう、、
そういった効能は確かにあると思います。

捉え方は人それぞれといったところですかね。

ハンドスピナーとは?自閉症やADHDへの効果について ネットの反応